さよならブルトレ - 九州行(冬) [あかつき 上り編5] -


 下関を発車することでいくつかのイベントが終わり、ようやく落ちいてきたので寝ることにした。しかし今回乗った車両は古いせいかやたら揺れ、ガタピシ音もひどい。また寝台が窓に近いせいか、ヒータを全開にしても寒い。そういうわけで満足に寝ることもできず、いつの間にか夜が明けてくるのだった。
 それでも、個室であれば日が昇ってからでも、まったりと目的地までごろ寝してのんびりできるところが寝台がお気に入りである理由でもある。しかし"あかつき"は営業距離が比較的短く早い時間に終着駅についてしまうためそういうこともできない(そういった意味ではビジネス向きであろう)。朝食を食べて少しのんびりしていると列車は山陽本線を抜け東海道本線へ入っていくのだった。

画像

= あかつきから暁を望む (2008/1撮影 D200 + A16) =
空には2?日月(三日月ではない)と明けの明星(金星)も見える。
そういえば明星、金星といった寝台特急もあったが今はない


画像

= 寝台を片付け座席としてみた (2008/1撮影 D200 + A16) =


- つづく -



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック